家のリフォームについて考えるブログです

リフォームすると固定資産税が上がる?

[2014-09-08 08:03:50]

つい最近、リフォームのことを調べていて気になる記事を見つけました。それは

”リフォームすると固定資産税が上がる”

というものでした。私はリフォームと固定資産税なんて、全く関係ないものだと考えていたので、予想だにしていない内容にとても驚きました! そして、そのことをよく調べてみたのですが、どうやら、全てのリフォームで固定資産税が増額されるわけではなくて、リフォームの内容によっては増額されるケースがあるということらしいです。

そのケースというのが”床面積を増やした”時だそうです。つまり、「増設」したときですね。私の家の場合、内装の大きなリフォームは考えていますが、増設することは考えていないので一安心です。リフォームの場合、市町村に届け出る義務もないとのことなので、今のところは問題ないかなと思っています。

イチオシ

長期優良住宅化リフォームがお得らしい

[2014-09-02 12:01:51]

”長期優良住宅”って言葉を聞いたことありますか?―なんでも、耐震性やエコ性、劣化対策などに優れていて、長く安心して住むことのできる住宅のことを指すらしいです。これは元々、ある一定以上の性能を備えた新築に対して国が認めるもので、様々な補助を受けられるものだったのですが、最近では、リフォームにも関係のある用語になってきているみたいなんです。

国交省は今年の初めに、長期優良住宅化リフォームを行う場合に、工事費用の3分の1まで補助金を出すことを発表しました。これによって、省エネ化、耐震化などの要件を満たすリフォームを実施した場合、最大100万円まで補助を受けられるとのことです。

私たちが余生を静かに過ごして、その後、子供達に家を残すことを考えると、大きなリフォームは必要になると考えていましたから、このような制度があるのは非常にありがたいですね。ただ、制度は今年の9月までに着工したものだけを対象とするらしいので、それまでにリフォームを行えるかどうかは、まだわからないです。

イチオシ

施主支給って?

[2014-08-14 12:05:23]

老後に向けてリフォームしたいと考えていますが、設備とかも結構古くなっていて、取り替えたいものが多いんですよね。ですが、内装をバリアフリー化した上に、設備も新しくするとなると費用がかなり高くなってしまいます。

そこで、いい方法はないかと思い調べてみたのですが、「施主支給」という方法があるみたいです。これは私たちが製品を予め用意しておいて、取り付けだけをリフォーム業者さんに頼むというもので、なんでも商品代金の分だけ費用が安くなるというのです。

ですが、詳しく調べるうちに結局、私たちには難しいかなと思い諦めました。なぜなら、届いた商品を家まで運ぶことも私たちには難しいですし、細かい管理もできないと思ったからです。

ですから、まずはバリアフリー化などの必要なリフォームを優先して行うことにして、設備については、余裕が出来てから改めて取り付けようかなと思っています。

悪徳リフォームについて

[2014-07-25 12:48:17]

一時期、悪徳リフォームによる被害が相次いでましたね。テレビでも特集がよく組まれてたのを覚えています。いままではどこか遠い問題のように感じていましたが、これからリフォームを行うことを考えると現実味がましてきて、少し怖くなりました。他の悪徳業者と同様に、悪徳リフォーム業者も高齢者をターゲットにしているということなので、注意しなければならないと思っています。

そこで悪徳リフォーム業者のことを調べてみたのですが、手口にもいろいろあるみたいですね。例えば、高額なリフォーム料を請求することもあれば、リフォーム料自体は大したことがなくても、手抜き工事をすることもあるみたいです。リフォームを依頼したのに、かえって家を住みづらくされては堪りませんよね。

悪徳リフォームに引っかからないために大事なのは、その場で直ぐに契約しないで、一度、第三者に相談してみることだといいます。家を訪問してきて、リフォームしないと危険だという風に煽ってくるのも常套手段だそうですから、気をつけなければなりません。

私たちの老後を楽しく過ごすためのリフォームですから、パートナー選びは慎重にしたいと考えています。

シニアリフォームについて

[2014-06-27 9:57:43]

今住んでいる家は25年前、まだ子供達が幼い時に、子供たちを育て上げることだけを考えて造り上げたものです。しかし、その子供たちも大人になり、それぞれに暮らすようになってから、この家を夫婦二人で暮らすための家にしたいと考えるようになりました。

ときに、リフォームについて調べていて知ったのですが、私たちのような子育てを終えた50代~60代が行うリフォームを”シニアリフォーム”と呼ぶみたいです。子育てを終えて、これから第二の人生を楽しもうと考える人は、私たちの他にも結構多いということみたいですね。

シニアリフォームでは、今まで空き部屋になっていたところに趣味部屋を作ったり、家全体をバリアフリー構造にしたりするみたいです。確かに、子供が独り立ちしてからは子供の部屋は空いていたりして、間取りがもったいない感じはしています。趣味の部屋を作ったり、これまで夫婦人部屋だった寝室を、二部屋に分けたりするのも楽しいかもしれませんね。あと、老後のことを考えると、子供に迷惑をかけないで暮らしていくためにバリアフリーは必要になる気がします。

私たちの家に行うリフォームは、シニアリフォームを参考にするとうまくいくような気がします。リフォームを行うのはまだ先の話になりそうですが、これからの生活を快適に暮らすために、しっかりとリフォームの構想を考えておきたいと思います。

リフォームの減税制度って

[2014-06-06 9:51:25]

リフォームの費用について調べていたら、どうやら、リフォームには減税制度があるようです。リフォームにかかる料金は決して小さくないので、減税制度を適用できるなら、是非利用しておきたいですよね。

減税制度が適用されるのは、住宅をバリアフリー化したり、システムを省エネなものに換えるようなリフォームを行った場合みたいです。私はまだ、どのように今の家をリフォームするかは決めていませんが、老後のことを考えると、バリアフリー構造にリフォームすることは十分検討できます。

そして、減税制度の対象となるのは「所得税」「固定資産税」「贈与税」の三つです。私の場合は贈与税は関係ありませんが、残りの所得税と固定資産税が控除されるのはかなり大きいですね。

所得税の控除と固定資産税の減額は併用できるみたいなので、減税制度を使って出来るだけお得になるようにリフォームを進めたいと思います。

リフォームの期間って

[2014-03-05 13:29:39]

家にリフォームをしたいと思っていても、予算と費用の事もあるけどやっぱりどれくらいの期間でやってもらえるのかも気になるものです。

一般的なリフォームでは、一ヶ月や二ヶ月かかるなんてことはまずありません。

でも、工事する箇所で自分が思った日数できないんだと不安になってしまう方もいるでしょう。それは、心配しすぎだと思いますよ。

リフォームだからと言っても、実際に使用する材料だったりその工事ができる人などなくてはならない要因というのは必ずあります。

しかも、リフォームを依頼したとこだけが仕事場とは限りません、他にいくつもの現場を持っているケースがほとんどなのですから。何を言ってもリフォームをする場所によって期間は大きく変わるものですので、自分の基準では考えないのが一番ですね。

リフォームでは、何年も経ったあとにする事がほとんどですので、工事をしていても予想外な事というのも起こりうるのだと思っておけば、より安心して工事を見ていられるのではないかと思います。

リフォーム出来ない家って?

[2014-03-03 23:42:09]

近いうちに、私は主婦としてもっと使いやすくするため、家をリフォームしたいと考えています。しかし、リフォームをすることが出来ない家もあるのです。

それは、リフォームの内容にもよります。例えば、水回りを動かすことは、どの住宅でもかなり難しいです。排水を外へ直接外壁から出している家ならばいいのですが、中で回している家の場合、基礎のコンクリートを割る必要が出てきます。それは基礎に関わることなので出来ない可能性が高まります。

また、ツーバイフォーの場合、間取り変更のリフォームは出来ません。壁全体が筋違のようになって建物を支えているため、壁を外したりすることが出来ないのです。

その他には、階段の位置変更が出来ない場合もあります。鉄骨の住宅の場合、鉄骨で階段もつくられ鉄骨の柱に設置されているため、これを移動させることは不可能です。

このようにリフォームできない家があることも踏まえたうえで、検討していくつもりです。

リフォームとリノベーションってあるけれど違いって?

[2014-02-24 11:40:54]

近いうちに家をリフォームしたいと私は考えています。でも、リフォームとリノベーションの違いとは、何なのでしょうか。

家のリフォームは、小さな工事を指します。トイレやキッチン、バスルームなどの水回りの工事も、そうです。床のフローリングの張替えや、壁紙の張り替えなども、リフォームにあたります。

では、リノベーションとは何なのでしょう。これは、日本語であらわすと大規模改築になります。家のほとんどを改築してしまう行為を、リノベーションを呼ぶのです。例えば、増築をしたり、家全体の壁紙、床、水回りなど一式のほとんどを工事することを、指します。

これらの大きな違いは、二点です。工事期間と金額です。リフォームの場合は期間も一週間など短いですし、金額も100万円ぐらいにおさまるものがほとんどです。しかし、リノベーションの場合は期間は三か月から半年、一年とかかるものもあり、金額も一千万円近くいくものもあります。このように、二つは大きな違いがあるのです。

料金の相場ってどのくらいなんだろ?

[2014-02-17 15:12]

家を建ててから25年ほどなります。子供達がまだ小さい頃に家を建てたので、壁を汚したり、床に傷をつけたりと、かなり汚れや傷が目立っていました。その子供達も独立しました。建てた当時は新しいかったシステムも今はかなり古いものになっています。

そこで、家の中のリフォームをしたいなと思うようになりました。リフォームをしたいな、と思うの箇所は、汚れた壁の塗り直しや傷がついた床の張替、キッチンや浴室のシステムを変更などです。これだけ手を入れるとなると、かなり大がかりな工事になることが予想されます。

そこで、リフォームの相場がどれくらいなのか、前もって知りたいな、と思うようになりました。最近は、いろいろなリフォーム業者が出ているので、どこに依頼をするかで料金も大きく変わりそうです。

そんなとき、インターネットを見ていたら、リフォームの一括見積りをしてくれるサイトを見つけました。複数の業者に見積もりを依頼すれば、だいたいの相場が分かるのではないかと思うので、このサイトに見積もりを依頼してみようと思っています。